一人暮らし女の子のベッド選び~狭いワンルーム編~

いよいよ一人暮らしということで、ワクワクと不安が入り混じり、何だか現実感があるようでないようなフワフワした感じで過ごしている方も、この記事を目にしてくださっているのではと思います。

フワフワしながらもしなきゃいけないことは山ほどあります。

ベッド選びもその中の一つです。

そのサイズ選びをする時、基準となるのがまず部屋の広さではないでしょうか?

棚付き コンセント付き 収納ベッド 収納付き 【Fleur】 フルール ショート丈 【薄型・軽量ポケットコイルマットレス】 セミシングルサイズ セミシングルベッド セミシングルベット マットレス付き(代引不可)(NP後払不可)

一人暮らしの部屋は狭くていい!

一人暮らしの女の子のワンルームでも、広くて寝室も別にあるような家だったらベッドもあまり深く考えず好きなものを選べそうです。

でも、広くて間取りが多いと家賃も高くなります。

洋服も買いたいし、たまには外食もしたいし、しっかり貯金もしなくちゃと考えだすとできるだけ家賃は抑えようとなるでしょう。

家賃を抑えるとおのずと部屋の広さも抑え気味になり、多くの方が狭いワンルームに落ち着くのではと思います。

賢明な判断だと思います。

ベッド選びを成功させて快適な一人暮らし

ワンルームでしかも狭い部屋となると、やはりベッド選びは慎重に行う必要があります。

ワンルームの部屋はキッチン、ダイニング、リビング、寝室といくつもの役割を果たすことになります。

そんなワンルームでベッドの占めるスペースの大きさはけっこうな大きさです。

選び方を失敗すれば、それは邪魔で邪魔で仕方ない大型家具になってしまいますが、成功すれば色々な部屋の役割を果たすのにとても便利に役立つ必需品になります。

そんなわけで今回は女の子のワンルームの狭い部屋にちょうど良い大きさ、機能、デザインのベッドについて説明し、最後におすすめをご紹介していこうかと思います。

女の子にはどれくらいの大きさのベッドがいい?

まずベッドの大きさですが一人暮らしの女の子でましてや狭いワンルームとなると、慎重に考える必要があります。

ここをしっかり押さえておかないと大変なことになります。

狭い部屋の基準として6畳のワンルームとします。

6畳と言っても地域や建物によってその大きさが異なるのですが、一般的な寸法として2.7m×3.6mくらいです。

6畳のワンルームで他にテレビを置いたりラックやテーブルを置くことを考えるとやはりシングルやセミシングルのベッドが無難かと思います。

シングルで横幅95㎝前後、セミシングルで80㎝前後です。

女性の平均的な肩幅が40㎝前後ということなので、シングルやセミシングルに寝転んでも十分の余裕があります。

小柄な人だとさらに余裕ができるでしょう。

ベッドの長さにも「ショート丈」っていうのがある!

ベッドの長さはサイズにかかわらずフレームを含めた外寸で200㎝前後のものが多いかと思います。

しかし、シングルやセミシングルの場合180㎝~190cm前後のショート丈のベッドもあります。

小柄な女の子ならショート丈と言ってもゆったりと寝転がれるサイズだったりします。

ダブルやセミダブルはどうだろう?恋人が来るかもなので・・・

体の小さい女の子でも、ゆったりとしたベッドでのびのび眠りたいという方もいるでしょう。

ただ、狭い部屋にというとダブルとセミダブルは正直グレーゾーンです。

ダブルで140㎝前後、セミダブルで120㎝前後といった感じです。

ダブルだと6畳の部屋の短い辺の半分よりちょっと大きい横幅です。

置けなくもないですし広いので寝心地も良くなりそうです。

しかし、どうしても日中の居住スペースが窮屈になるでしょう。

また、一人暮らしだけどお付き合いしている人がいてたまに泊まるという場合にも良いかもしれません。

ただ、付き合いが長いといいのですが、例えば初めて好きな人を家に呼ぶ時、女の子の体に似合わないような大きいベッドが部屋にあったら、前の恋人のこととかあらぬことをあれこれ妄想されて面倒が持ち上がらないとも限りませんのでご注意ください。

一人暮らしのワンルームで重宝するベッドの機能

一人暮らしだし、小柄な女の子だしということでベッドは小さいサイズを選んだとします。

しかし、たとえ小さくても家具としては大型家具になります。

ベッドは寝転べれば良いとも言えますが、狭いワンルームではただそれだけだと睡眠以外ではデッドスペースと言わざるを得ません。

「睡眠をとるスペース」にプラスしていくつかの役割を果たせるものが良いでしょう。

具体的には次の通りです。

「ベッド+〇〇機能」

だいたいベッドにプラスできる○○機能は次の感じかと思います。

実際にどういうベッドになるのかということを次に詳しく説明してきます。

「ベッド+収納」⇒物の多い女の子にマスト

一人暮らしのワンルームで「+収納」はごくオーソドックスな組み合わせです。

特に洋服や化粧品や雑貨などどうしても女の子は物が多くなりがちなので、収納は多ければ多いほど良いでしょう。

よくあるのがベッド下のスペースがチェストになっているようなものです。

使い勝手も良く、使用されている方も大変多いです。

しかし、チェストになっていなくても、スペースさえあれば別売りの収納ボックスを使ったりして収納できます。

サイズが同じ時、収納力の高さはベッドの高さによって変わります。

高ければ高いほど収納力がアップするので、腰ぐらいの高さやさらに高く頭ぐらいまであるロフトベッドを使うと大容量になります。

高さがあるとシングルハンガーなどを使って服を吊ることもでき、クローゼットとしても使えます。

「ベッド+ソファー」⇒狭いワンルームにリラックス空間を

女の子の一人暮らしにはほっこりとリラックスできるソファが欲しいものです。

ただ、狭いワンルームに大型家具をたくさん置くのは正直難しかったりします。

そんな時、「+ソファー」と2つの機能をうまく持たすことができたなら大変便利です。

「+ソファー」の役割を持たせるにはいくつかの方法があります。

オーソドックスなのはベッドをそのままソファーとしても使う方法です。

壁際に設置し大きめのカバーをかけ大きめのクッションを壁に沿って置けば十分ソファーとしても使えます。

この場合、頭部分についているヘッドボードや宮がないものの方がよりソファー感がでます。

他にもソファベッドとしてうまくどちらの機能をも持つものもあります。

ただ、どうしてもソファーと一緒くたにするのに抵抗のある人もいます。

そんな場合は、背の高いロフトベッドを設置してその下にソファーを設置するという方法があります。

こうすると、1つ分のスペースだけでソファーも置け、わざわざスペースを別に設ける必要がありません。

「ベッド+デスク・テレビ置きetc」⇒その他かさばる家具を収める

デスクやテレビ以外にも女の子のかさばる家具と言えば、ドレッサーや姿見の他、どうしても電子ピアノが置きたいという方もいるでしょう。

これらを設置する場所としてもやはりロフトベッドの下が便利です。

かさばる家具を設置するとその分のスペースが空有効利用できます。

また、下にデスクが付いているものも多くあります。

そのデスクをそのままデスクとして使っても良いですし、高さを下げてテレビ台などとして棚のように使っても良いでしょう。

ただロフトベッドを使う全ての場合に言える注意点として、高くなればなるほど、下をぎっしり使えば使うほど、存在感も大きくなり圧迫感を感じてしまったりもします。

また、高くなるとおのずと寝る部分も高くなるので抵抗がある人には向きません。

一人暮らしの狭い部屋を広く見せれるベッド選び

狭い部屋をで広く見せるのに一番のポイントになるのがカラーかと思います。

カラーによって部屋がさらに狭く見えたり逆に広く見えたりします。

部屋を広く見せようと思うと、部屋の壁の色と同系色を選ぶと良いでしょう。

視覚的な干渉がなくなるので広く見せることができます。

布団なども同系色で揃えるとなお良いでしょう。

また、普通の腰掛けられる高さのベッドの場合、ヘッドボードやフットボードがついているかどうかということでも存在感が変わったしします。

部屋を広く見せるには、付いていないものの方が向くかと思います。

しかし、一番は大切なのは自分の好みです。

広く見えたところで自分好みでなければ物足りなく感じるでしょう。

そうすると部屋が嫌いになりかねず、部屋の狭さよりもそちらの方が深刻です。

せっかくの一人暮らしなのでこういったことは一応知識としてだけ知っておいて、あまりとらわれすぎることなく自分のセンスで素敵な部屋を作っていただけたらと思います。

女の子の狭いワンルームにジャストなベッド

一人暮らしの女の子のワンルームに、これまで説明したことが絶妙に取り入れられたおすすめのベッドを紹介していこうと思います。

「ベッド+ソファー+収納+女の子好みのデザイン」

ロートアイアン デイベッド シングル ベッド 幅203 奥行105 フレーム パイプ ソファ ソファベッド ハイ&ロー 高さ調節 床下収納

このデザインにときめく女の子は多いと思います。

これは三方にフレーム枠が付いたシンプルな構造でソファとしても使いやすいですし、フレームの装飾もかわいくて女の子の部屋にピッタリです。

ベッド面は横幅99㎝×長さ196㎝と少し大きめのシングルサイズです。

高さを2段階に調節することができ、収納として使うにも十分な高さを確保できます。

ただ、マットレスは別売りのものを自分で探す必要があります。

「省スペースソファーベッド+収納」

省スペース!横幅伸縮の天然木すのこソファベッド ecli エクリ マットレス付き 3.5P大型サイズ ゆったりサイズ 折りたたみベッド ソファーベッド ソファベッド 3人掛けソファ ソファベッド ソファーベッド ベット ベッド ソファ ベッドフレーム 1人暮らし

一人暮らしの狭いワンルームで使うのに最も省スペースで使えるベッドです。

一番のポイントはソファにすると半分の幅になるところです。

少しでもスペースをとりたいワンルームの部屋で重宝すると思います。

前面のフレームを前後させるだけで簡単に伸縮できるのですが、床面はしっかりとしたすのこになっています。

フレームもしっかりした天然木なのでベッドとして使うにも華奢な感じがなくしっかりしていますし、デザイン的にも天然木の優しい風合いが女の子に好まれると思います。

専用のマットレス付きを選べます。

「宮付きショート丈ベッド+チェスト」

コンパクトベッド 収納 引き出し 1人暮らし 棚 コンセント付きショート丈収納ベッド collier コリエ ボンネルコイルマットレス レギュラー付き セミシングル 引き出し付きベッド 引き出し付きベット 引出しベッド 引き出し付ベッド ショートベッド ショート

これは小柄な女の子のワンルームで便利なショート丈です。

マットレス部分が180㎝で宮も含めた長さが191㎝と大変コンパクトです。

さらに下にチェストと長物が入るスペースもあって容量の大きい収納になっています。

「女の子好みのかわいいショート丈ベッド+収納ちょっぴり」

(送料無料) (フレーム/シングル マットレス/セミシングル):ステージレイアウト 【スタンダードポケットコイルマットレス付き】 ピエニ ショート丈 リネン3点セット 木製ベッド 子供用ベッド キッズ すのこベッド 天然木 北欧 コンパクト 省スペース 狭いお部屋 女の子 女性

これはおしゃれな一人暮らしの女の子にぴったりなベッドです。

ショート丈の中でもさらに短い185㎝の全長です。

マットレスは180㎝で先ほどのチェスト付きのものと同じ長さです。

とにかくかわいいです。

ステージレイアウトと言って、ベッドフレームの大きさより小さいマットレスを乗せフレームを少し余らせるレイアウトがなんせかわいいです。

収納に関しては20cmの脚が付いているので多少置けなくはないという程度です。

オプションでさらに低い脚を買うこともできます。

しっかりしたマットレスもついていてかわいくて、しかもお値段がそれほど高くないというのも魅力かと思います。

女の子の部屋にピッタリという感じです。

「ロフトベッド+クローゼットetc」で一人暮らしに便利で多機能

送料無料 ロフトベッド 姫系ハンガーポール付タイプ ミドル シングル お姫様ベッド プリンセスベッド 姫系テイスト It's@Castle イッツアットキャッスル ホワイト

このロフトベッドは姫系が好きな女の子にもってこいです。

しかも、かわいいだけじゃなく多機能です。

特にハンガーポール付きを選べるのがとてもありがたいです。

ハンガーラックでも十分なのですが、やはり付属部品のポールの方が収まりが良いでしょう。

これは主にクローゼットとしての使い方が向くかと思います。

もちろん、クローゼット以外でソファーを置いてもデスクを置いても良いですし使い方は自由です。

さらにハイタイプ、ミドルタイプ、ロータイプと高さを選べるのですが、ハイとミドルを選ぶと脚をとればロータイプのシングルベッドとしても使えます。

さいごに

一人暮らしの女の子の狭いワンルームに置くベッドは、あれこれ機能的な方がだんぜん便利です。

今回説明したように「ベッド+〇〇機能」という視点を持つと、さらに他にも自分に合った便利な機能付きのものを探せるのではと思います。

ぜひ、何がプラスできるかということを考えてみていただきたいと思います。

そうやってあれこれ工夫して部屋を作り上げていくことで、狭いワンルームがあなたにとってかけがえのない空間になっていくのではと思います。

部屋はそこに住む人の心を映すとも言われます。

一人暮らしで自立するあなたの生き生きした心がそこに映されると良いなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする