高級ホテルの寝心地の秘密を自宅のベッドに生かす方法

高級ホテルのベッドと言えば、やはり「最高の寝心地」のイメージです。

海外だとボヨンボヨンと跳ねるような柔らかめのベッドが多いかと思います。

日本だと比較的日本人好みの固めであることが多いようです。

人種や国による体型や骨格などの違いで心地良いと感じる感覚に違いがあるという風に言われていますが、習慣などの影響の方が強いのではという見方もあったりします。

確かにずっと柔らかいベッドで寝ているのに、急に硬いベッドになったら体中が痛くなってしまいそうです。逆も然りでしょう。

寝心地は色々な要素からそれぞれが感じるものですが、できる限りの多くの人の満足を目指したベッドが設置されていたりします。

ですのでみんなが憧れるのです。

今回はそのような高級ホテル仕様のベッドの特徴を知り、自宅でもその寝心地を再現できるようなベッドや、今使っているベッドを高級ホテルのベッドに近づける工夫を紹介します。

お姫様ベッド エレガンスな ダブル ベッド フレーム のみ レザーベッド【大型配送便 】すのこベッド PR2 高級ホテルの様なゴージャス感 ホワイト ブラック 白家具 ベッド ベット BED 【QOG-60】【2D】

高級ホテルのベッドの特徴

高級ホテルのベッドの最大の特徴が寝心地が良いということと耐久性に優れているというところです。

先ほどもふれましたが、ホテルという施設の役割から、色々な体型、体重、国籍などの人に対応できるベッドをそろえる必要があります。

ですのでそういったことから家庭用よりもさらに寝心地や耐久性について綿密に考え抜かれたベッドが多いです。

特にベッドの寝心地は、そのホテルの印象にもかかわる重要な要素だったりするので、同業種内でも切磋琢磨しながら追及されていたりします。

また、耐久性については、色々なお客が安全に使用できるように耐荷重にも優れていたり、長く使っても壊れにくいような構造になっていたりします。

高級ホテルのベッドはどんな仕様?家庭用との違いは?

高級ホテル仕様のベッドは具体的には、ベッドの土台となる弾性ボトムの上にマットレスを設置する構造のものがほとんどです。

さらにベッドの頭側の脚にキャスターが付いており、足側を持ち上げると簡単に移動させられるようになっています。

そのためベッドメイキングや、部屋のレイアウトを変えるときにも便利です。

他にも、ベッドを2台ぴったりくっつけることができるようになっていることも多く、その際にも役立ちます。

家庭用のベッドの場合ですと、ベッドフレームがありすのこや板状の床板の上にマットレスを設置するベッドがほとんどです。

すのこや板状の床板は非弾性ボトムになります。

キャスターはついているものは折りたたみベッドくらいで、ガッツリ据え置くタイプが大半です。

高級ホテル仕様と家庭用との大きな違いはマットレスの品質と、ボトムの弾性にあるかと思います。

高級ホテル仕様のマットレスの品質

高級ホテル仕様のマットレスはやはり格別だったりします。

品質も寝心地もです。

マットレスにもたくさん種類がありますが、大きく分けてボンネルコイルとポケットコイルのものに分かれます。

ボンネルコイルは昔からある従来型で体圧をベッドの面全体で支えるタイプで、一箇所にかかる体圧が他の箇所にも影響して広く沈みます。

一方ポケットコイルは新しい方の技術で、独立したコイルが点状に並んでいて、体圧はそれぞれの場所でそれぞれの点で支えられます。

ですので体圧を分散することにたけていて、無理のない寝姿勢を保つことができます。

好みもあり、どちらの寝心地が良いと一概に言うことはできませんが、最近の高級ホテルではポケットコイルが選ばれることが増えています。

家庭用でももちろん同じようにボンネルコイルのものもポケットコイルのものもありますが、高級ホテルでは同じコイルでも品質の高いものであったり、さらに通気性が考慮された素材が使われていたり、通気口まで付いていたりします。

高級ホテル仕様のベッドのボトムの弾性

先ほども少し説明しましたが、高級ホテル仕様ではベッドの土台のボトムが弾性ボトムであるのに比べて、家庭用では非弾性ボトムであることが多いです。

これらの違いは字のごとくです。

弾性ボトムとはダブルクッションとも言われます。

ボトムにもボンネルコイルやポケットコイルのスプリングが使われていてクッション性が良くなっています。

マットレスが2枚重なっているようなイメージです。

ですのでマットレスの衝撃をさらにボトムで吸収したり分散したりということができ、ベッドにかかる荷重に対しても強くなり、ベッド自体も傷みにくくなります。

そして何よりこれが高級ホテルのベッドの体にフィットする最高の寝心地を生むところとなります。

ですので、ホテル仕様のベッドを探す時、「ダブルクッション」をキーワードとして探すと良いでしょう。

反対に非弾性ボトムはシングルクッションになります。

すのこや板などの弾性のない床板にマットレスを置くので、どうしても衝撃吸収や分散といった機能は弾性ボトムよりは少なくなり、寝心地や耐久性も落ちます。

しかし、それはあくまでダブルクッションと比較しての話で、シングルクッションのマットレスだけの機能でも十分なので、それほどひどい使い心地になるというわけでもありません。

マットレス選びによっては最高の寝心地を得られなくもありません。

また、最近ではウッドスプリングと言って、すのこ状の木のボトムがしなり弾性を持つようになっているものも出てきています。

市販されている高級ホテル仕様のベッド

実際に高級ホテルに卸されているようなベッドも専門店で買えなくもないですが、たとえ本格的なダブルクッションのものでも一般家庭向けに一般向けのお店で比較的安価で販売されていたりもします。

今使っているベッドを高級ホテルのようにできる?

自宅で高級ホテルの寝心地を味わいたい場合、やはり、先ほども説明したように一般向けのショップで販売されているベッドや、高額ですが実際に卸されていて一般にも販売されているものを手に入れるのが一番良いです。

しかし、すでに今使っているベッドがあるという場合、それを捨ててまで買うのはもったいなかったりします。

そんな場合でもなんとか高級ホテルの寝心地に近づけるための方法には次の2つが考えられます。

  1. マットレスだけ高品質なものに買い替える
  2. 薄型マットレスを重ねてダブルクッション風に!?

この方法について次に詳しく説明していきます。

1.マットレスだけ高品質なものに買い替える

高級ホテル仕様の本格的なマットレスにしようと思うとかなり高額になりますし、市販されていなくもありませんが手に入れにくかったりします。

そもそもマットレスを単品で購入できるということを知らない方もいらっしゃいます。

サイズさえ合えば購入が可能なのです。

必ずしもそっくりそのままにしなくても、市販されているものの中でも高級なものを購入するという手もあります。

ホテル仕様と銘打って、色々な素材を重ねるなどして寝心地を高めたような別売りマットレスも多く販売されています。

ですので、よっぽど現在のマットレスで寝心地が悪い場合は、マットレスだけ買い替えればフレームはそのまま使えたりします。

2.薄型マットレスを重ねダブルクッション風に!?

高級ホテル仕様のベッドはダブルクッションですが、例えば今使っているベッドのマットレスの上にさらに薄型のマットレスを重ねて使ってダブルクッション風にするというのはどうでしょうか?

この方法ですと今使っているマットレスがそのまま使えるので経済的です。

ただ、この方法をとる場合注意しないといけないことがいくつかあります。

分厚いマットレスの2枚重ねはおすすめしません!

高級ホテル仕様のダブルクッションはまさにマットレスが2枚重なっているような状態です。

ですので、普通のベッド用の分厚いマットレスに同じような厚さのマットレスを重ねて使えばダブルクッションになるのではと単純に思ってしまいますが、同じやもしくはそれ以上の厚さのマットレスを使う方法は推奨できません。

そもそも普通のマットレスは重ねて使うことを想定して作られていません。

ましてやボトムとしての性能も想定されていません。

ベッドフレームにも負担がかかります。

そうなると耐荷重や耐久性の問題も出てくるでしょう。

分厚いマットレスを重ねて使うと高さもでてしまいます。

転落の危険性なんかも気になります。

薄型のマットレスならいい!?

厚型がダメなら薄型ならどうかとなりますが、それも良いとも悪いとも言いかねてしまったりします。

実際、私は薄型のマットレスを重ねて快適に寝ていますが、マットレスによってはたとえ薄型でもおすすめできなかったりします。

例えば高反発や低反発の薄型マットレスだと、分厚いマットレスの上に敷いて寝ると、それぞれの良さがそれほど発揮されない可能性があります。

ただ、薄型マットレスの場合、分厚いマットレスの上に重ねて使うことが想定されているものも多いですし、寝心地は人により感じ方が大きく違ったりもするので、決してこの限りではありません。

また、薄型マットレスにも色々種類があり、例えば次に紹介するようなものもあります。

【送料無料】 マットレス 薄型 シングル 三つ折り 軽量 ポケットコイル入り 敷き布団マットレス 折りたたみEVA Air エヴァ エアー シングル レギュラー 三つ折りマットレス スプリング 折りたたみ やわらかい 柔らか 軽量 3つ折り 来客 マット

このマットレスは7㎝の厚さで薄型ですが、しっかりしたポケットコイルのマットレスになります。

このマットレスはさらに三つ折りできます。

三つ折りできるマットレスと言うとよくあるのが、ブロック状に三分割されていて、表面の素材だけでつなっがっているタイプです。

それだと、きれいに三つ折りできるものが多かったりします。

片付ける際にはそれも便利なのですが、例えば今回のように普通のベッド用のぶ厚いマットレスの上に重ねて使う時は特に、分割部分の境目が沈み込んでしまったり、へたってしまったりしやすくなって寝心地を損ないかねません。

その点このマットレスの場合、ブロック状になっておらず一枚ものになっているので境目の心配がありません。

ですがしっかり三つ折りもでき大変便利です。

薄いので耐荷重や転落の不安も少ないですし、高級ホテルとまではいかなくてもダブルクッション風になり寝心地が向上します。

さいごに

高級ホテルのベッドのような最高の寝心地で寝てみたいという時、今回説明したようにダブルクッションがキーワードになります。

ただ、実のところ、寝心地というのは必ずしもマットレスだけで得られるものでもありません。

高級ホテルでは、ラグジュアリーで落ち着いた最高の環境でリラックスできるように工夫されており、それが寝心地にもつながります。

つまり、環境にも左右されるのです。

ですから、部屋のインテリアや照明なども大変重要だったりします。

そう考えるとベッドでできることは、必ずしもダブルクッションを選択するというだけでもなかったりするのです。

例えば下のベッドのようなラグジュアリーなデザインのベッドもあります。

日本製 ベッド下収納 収納ベッド ベッド デザインベッド Confianza コンフィアンサ ボンネルコイルマットレス付き ダブル ベット ホテル風 モダン 大容量ベッド 大量収納 寝室 ヘッドボード 床下収納 大容量収納 マットレス付き 収納機能付 寝台

このベッドはサイドテーブルが付いていてそこに画像のように照明を置いたりなんかするとラグジュアリーな雰囲気になります。

また、下のベッドだと南国の高級リゾートといった感じです。

この2つのベッドはいずれもダブルクッションではありませんが、高級ホテルの雰囲気を演出できる素敵なベッドです。

他にも、間接照明に凝ってみたり、観葉植物やカーテンで高級感を演出してみても良いでしょう。

このように高級ホテルの寝心地を自宅で再現する時、工夫できることはたくさんあります。

ぜひ凝りに凝って勝るとも劣らない部屋を作り上げていただけたらと思います。

【高品質ウォーターヒヤシンスベッド/PERFORMAX正規品】ウォーターヒヤシンス ベッド/クイーン/リゾートアジアン家具(受注生産品)(開梱・組立・設置配送サービス付き)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする